お問い合わせはこちら

0993-58-7171

0993-83-4771

法人概要

ごあいさつ
社会福法人滴々会は、かつて多くの若者達が平和を信じながら、その命を散華すべく飛び立って行った地に、平成10年11月に高齢者総合福祉施設音野舎として事業を開始しました。戦中・戦後ご苦労されながら、そして今日の日本を築いてこられた高齢者の方々の安息の地を建設できましたことは、いささかの恩返しと考えます。
 
現在、当法人では特別養護老人ホームを中核施設として九つの事業を運営しています。私達は利用者やご家族の皆様との「心のふれあい」を大切にし、安心して介護サービスが受けられるよう、また、充実した老後をお過ごしいただけるように「真心のサービス」の提供に努めます。

少子高齢化社会が進展していく中で、私達法人の果たす役割は今後ますます大きくなっていくものと考えられます。利用者やご家族の皆様、地域の方々との交流をと通して地域社会に貢献するととに、福祉の向上に寄与してまいります。

社会福法人 滴々会
前理事長 浮 邉 正 和
「滴々会」の由来
天の水が深山にしみ入り、ながいながい年月を経ながら岩間に滴る水は、一滴一滴、地上の万物に生命の息吹を伝えます。

滴(しずく)は、互いに寄り集まって清流となり川となって、触れるものすべてを育みながら流れて行きます。人の愛もこの滴のように一人一人の心の中から湧き、流れて行きます。

私たちは、この自己の愛を自覚し、その愛を心貧しい人に、病める人に、老いた人に、やがて命終える人に、また命ある全てのものに伝えていかねばなりません。

それは、私たちの素直で明るくあたたかい心からの行動となって伝えられていくべきものと信じます。

小さな美しい水滴に倣って『滴々会』と命名いたしました。
「音野舎」の由来
この地は、第二次世界大戦の終末、沖縄特攻作戦により多くの若者たちが平和を信じながらその命を散華すべく飛び立って行った最後の場所です。

今では「夢たがい観音」を奉る平和観音堂が建立され、「平和への発信地」として全世界への呼びかけの一端を担い、また平成四年には「平和を語り継ぐ町」を宣言し、この地が平和への主役であることはいうまでもありません。

現在、新市街地として変貌しつつありますが、この地に立ちますと広い野原(飛行場跡地)として見え、通り行く風は美しい音律となって聞こえます。

永遠の平和の地の一角を生活の場として、共に暮らす老人方にも安隠の場所となることを念じて『音野舎』と命名いたしました。
法人概要
施設の理念①

社会福祉法人滴々会は、利用者やご家族の皆様との「心のふれあい」を大切にし、安心して介護サービスを受けられるよう、また充実した日々をお過ごしいただけるように『真心のサービス』の提供に努めます。

施設の理念②

さらに、社会福祉法の基本理念である「個人の尊厳の保持」「地域福祉の推進」「福祉サービスの質の向上」を念頭に、介護保険制度においても根幹をなす「尊厳の保持」と「自立支援」を基本として、利用者をとりまく環境に即したサービスを提供するために、ご家族や地域の方々との交流を通して介護や福祉に関する情報を収集又は提供するとともに、相談活動ならびに介護保険サービスにおける担当者会議等をとおして『福祉・保健・医療のネットワーク』の構築に努めます。

運営方針

1,「利用者主体」の思想に基づいた専門的ケアの確立(全事業所)
2,ケアプランに基づいた「安全」なサービスの提供(施設サービス事業)
3,個々の生活基盤に基づいた居宅サービスの提供(在宅サービス事業)
4,相談・各種支援活動をとおしてのサービスの総合窓口の確立
5,清潔で明るくさわやかな接遇・サービスの提供(職員)
6,成長し続ける施設として競争力のある施設づくりの意識を通し、経営基盤の強化を図る

沿革
平成10年11月1日

特別養護老人ホーム音野舎及び併設事業の事業開始
・特別養護老人ホーム音野舎(入居定員50人)

      同
・ショートスティ(定員15人)
・ケアハウス音野舎(入居定員20人)
・デイサービスセンター音野舎(E型=認知症対応型)
・在宅介護支援センター音野舎(知覧町より受託) → H21年4月より休止

平成11年4月1日

・ヘルパーステーション音野舎の事業開始

平成11年10月1日

・ケアプランセンター(指定居宅介護支援事業所)音野舎の事業開始

平成12年4月1日

介護保険制度施行により各事業の呼称変更
・介護老人福祉施設音野舎
・短期入所生活介護事業所音野舎
・通所介護事業所音野舎(H24年4月現在、利用定員30人)
・訪問介護事業所音野舎

平成14年1月4日

・訪問看護ステーション音野舎の事業開始

平成19年6月1日

・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)音野舎の事業開始(入居定員9人)

平成23年4月1日

・小規模多機能ホーム音野舎の事業開始(登録定員29人、通い18人、宿泊6人)

平成26年4月1日

・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)音野舎Ⅱの事業開始(入居定員9人)

平成30年5月31日

・社会福祉法人 滴々会 理事長に、施設長山内知枝が就任

平成30年9月1日

・小規模多機能ホーム音野舎が3床増床(登録定員29人、通い18人、宿泊9人)
*法人の運営している事業数 … 9事業、職員数110名 (11月1日現在)

平成31年3月31日

訪問看護ステーション 休止

社会福祉法人 滴々会 音野舎
〒897-0302
鹿児島県南九州市知覧町郡2072番地2
TEL:0993-58-7171
FAX:0993-83-4771
メールでのお問い合わせ